太洋航海日誌〜太洋開発社長ブログ〜の一覧に戻る

2018年02月13日

知られざるラーメン屋





以前、ここで紹介したこともある川南のラーメン屋さん



名前を何度聞いても覚えられない。



看板ものれんも駐車場もなく、たどり着けない客も多く、飛び込みは100%あり得ない。



口コミのみの営業戦略なのであります。





仕事で川南に来たので、思いだし2年振りに来てみた。



交差点の角の空き地に無断駐車しなければこの店に入ることは出来ない。



何処からともなく、地主が現れ「困るな、ここわしの土地じゃけん」言われそうな。



あるいは、フロントガラスに無断駐車禁止の赤紙が貼られていたりして。



とに角リスクを負わなければラーメンにあり付くことは出来ないのであります。





信号機が見えてきた。空地は?あれ?コインランドリーWASHハウスの看板?建設中?。



しかし、お昼時で、作業員らしき人達は見当たらない。



大丈夫かな~。



ともあれ、ここに止めなければラーメンは食べられない。





看板のない店の前に小さな「営業中」の、つい立。



一風吹けば、飛んで無くなりそうな代物だ。



厨房が道路側にあり、すりガラスの上の主人と目が合った。



僕がよそ様の駐車場に車を止めてからの一部始終を見ている。



僕が客か、そうでないか、「神・様・の・言・う・通・り・○○」と口ずさんでいた。





ドアを開けると4人掛けの3つテーブルに一人座りの



実に率の悪い「お店泣かせ占有権」を3名が主張していた。



此処で僕が相席を申し出るか、店側が誘導するのか、されないのか。



僕はこの店を逃すと、コンビニの悲しき鮭おにぎりで、用を済ませなくてはならない。



3名のどの人に相席をお願いするか、瞬時に見極めなければ。





首からネームカードを下げた役場・農協・病院関係風の女性。作業服の青年と



ネクタイを締めた銀行員風、さて、「誰に・しよ・うか・な・神・様・の○○」





「相席、宜しいでしょうか」声を掛けたのは女将さんだった。



顔を持ち上げた銀行マンは、こころよく僕を受け入れた。





真横に座って驚かせてもいいが、ここは、距離のある、はす向かいだろう。





この店の一番人気は「味噌ラーメン」と聞く。



前回醤油を食べ「どうして味噌にしなかったのか」と怒られ、今日は味噌にしている。



普通、食堂の一人飯は、大半の人がスマホをいじくりながらの片手飯なのだが



目の前の銀行員は、れんげと箸を交互のに丼に差し込み、ただひたすら黙々と。



そして僕の味噌が出て来た時に、底に残った最後のスープを飲み干した。



主と女将さんが、ラーメン屋みょうりに尽きる瞬間である。



僕も喜んでもらおうと思ったが、なんせ麺が増量で、それは叶わなかった。



皆さんも一度足を運んでくださいませ、川南町旧国道沿い「セントサ」











































ラーメン好きの僕は曽根町の丸一ラーメンにもよく行く。



豚骨出汁の透き通ったスープにレモンを乗せたラーメンは例えようのない美味しさ。



赤味噌風「味噌ラーメン」も、一度食べたら、その味は脳裏に深く刻まれる。



若奥様が「これ食べてみて、もの凄ーく、美味しいの」と新作を勧められた。



なるほどなるほど、メニュー通りの想像を裏切らない味だ。



この食材は、漢方薬的な効能も多いと聞く。



又この店のファンが増えるかも知れない。


























コメント欄

コメントを投稿する



メールアドレス: / 名前:
コメント